2019年、文部科学省が打ち出したGIGAスクール構想とは、義務教育を受ける児童生徒のために、1人1台の学習者用PCと高速大容量の通信ネットワーク環境などを整備する5年間の計画です。(GIGAとはGlobal and Innovation Gateway for Allの略です。)
その目的は子どもたち一人一人の個性に合わせた教育の実現と教職員の業務を支援する「統合系校務支援システム」の導入で、教員の働き方改革につなげる狙いもあるようです。 2020年、文部科学大臣は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、GIGAスクール構想を早期実現するための支援などを積極的に推進することを表明しました。
  確かに  感染症だけでなく災害も多い日本では、学びを長期間止めることのない方法を作っておく必要があると思います。もちろん、学校に来て教室で勉強するということの大切さは、今回の長い休業により身に染みて感じたわけですが、第2波、第3波に備え、オンラインでの自宅学習を含めていろんな学び方を模索することは必要なことでしょう。

天理市でも、もうすぐ児童一人一人にIDが与えられ、1人1台のタブレット時代がやってきます。今後G Suite for Education の無料ツール等を活用して教師と児童との双方向の効果的な学びを模索していく予定です。
 しかしながら、“1人1台端末”と”高速大容量の通信ネットワーク”という「ハード」は、あくまで土台であり、車で言う車体部分でしかありません。当然、車体だけで車は走れないように、GIGAスクール構想の実現には「ソフト」と「指導体制」という両輪があってこそ、初めて動き・加速できます。
  言い訳かもしれませんが、教師もICT活用においては、得意な者ばかりではありません。夏休み、さっそく教育委員会から大谷指導主事をお招きし研修会を行いました。(私はすでにギブ アップ寸前です・・・)