南中学校から、九鬼校長先生と生徒指導主任の宅間先生と教務主任の上田先生(理科担当)が出前授業に来てくださいました。 上田先生は「情報通信って何?」というお話をしてくださいました。中学校3年生で学習する内容だそうです。情報通信の歴史やみんなが大人になったら、どんな世の中になるかというお話をしてくださり、総務省が出している5Gイメージムービーを見せてもらいました。ボタン一つで田畑の管理ができたり、車の自動運転が当たり前になったり、同時通訳ができたり、お家にいながら診察をしてもらえたり、同時に演奏ができたり、自動支払いになったりなど・・・すでに今も実現しつつあるものもありますが、自分たちの生きる世界はそんなふうに変わっていくのだということを改めて実感しました。うれしいような、なんだかこわいような・・・不思議な感覚を覚えました。興味のある人は、ぜひ、総務省5G動画で検索してみてください。

校長先生からは、南中の校章(3本の矢)の由来や現在、校舎を建て替えている話などをお聞きしました。一年生の3学期には新校舎にお引っ越しできることを聞いて、子どもたちはとてもうれしそうにしていました。

生徒指導の宅間先生からは、「安心安全に生活をするために決まりを守ること」「自転車通学になるので、事故等に気をつけること」「大切なことはメールでなくて直接話すこと」などのお話がありました。中学校の先生のお話ということで、みんなの緊張感がひしひしと伝わってきました。中学校に入学するのが楽しみになりましたね。​