10月1日(木)南中ブロック人権教育推進事業における公開授業(3年生)を行いました。本年度の南中ブロックのテーマは「一人ひとりの子どもに豊かな人権感覚をどう育てるか」です。『友だちのよさに気づき、互いを認め合える集団作り』という主題設定を行い、3年生の体つくり運動(みんなでつくって楽しもう!スーパーサーキット)の様子を見せてもらい、南中校区の幼稚園・小学校・中学校の先生方で研修会を行いました。

        

グループごとにストレッチやちょっとした道具を使った運動を考え、見本を示したりしながら、それぞれのグループのお友達に遊び方やルールを伝える工夫をしていました。また運動が苦手な児童やできることが限られている児童のことも考えながら、みんなで楽しめるような工夫も随所に見受けられました。見学していた先生方は、子どもたちの発想力の豊かさに驚いていました。負けても勝っても体育館中、絶えず笑いや歓声が沸き起こり、温かくほんわかした雰囲気が漂っていました。授業の終わりには、友だちのよさや頑張りに気づいたことを発表しあい、さらに笑顔満開になりました。今後も、互いを認め合える温かい雰囲気をもつ集団づくりに力を入れていきたいと思います。