天理市立図書館の「天理お話しの会」のみなさんが、各教室でおはなしの会を開いてくださいました。ろうそくの灯をともし、物語を話してくださったり、絵本を読み聞かせしてくださったりしてくださいました。子どもたちは物語の世界にすーっと吸い込まれ、時には笑いもあり、時にはこわい場面もあり、その場面に応じて、子どもたちの表情も変わります。わくわくしながら聞いているのがよくわかりました。デジタル文化に囲まれている子どもたちだからこそ、こういう時間が大切だと感じます。「天理お話しの会」の皆様、ありがとうございました。