12月19日に、『やなぎっ子祭り』がありました。
 11月中旬の頃から3年生以上の学級で話し合いを始め、この日のために準備してきました。出し物は、3年生が「○×めいろ」、4年生が「当たりはどれだ? 射的の神」、5年1組が「プラネタリウム」、5年2組が「恐怖の館」、6年生が「スーパーマリオ」でした。どの学級も、みんなを楽しませようとした意欲いっぱいの出し物でした。
 大切なことは、みんなを楽しませようとすることと、そして自分も楽しむことです。こういった気持ちが、豊かな心を育てます。
 楽しい時間は、あっという間に過ぎます。もう少し、時間がほしかったな。子ども達の本音だと思います。