奈良県人権擁護委員会とNTTドコモの方に来ていただき、4・5・6年生対象にスマホ・ケータイ人権教室を行いました。
ドコモの方には、気軽に写した写真をSNNにアップした為に、旅行中に空き巣に入られた事例、ゲームで仲良くなった相手が実は大人の犯罪者だった事例、LINEでのやりとりから誤解を生んでケンカになってしまった事例など、いつ自分の身にふりかかってきてもおかしくない事例から、インターネットの使い方を間違えれば、大変なことになることを教えていただきました。人権擁護委員の方からは、ネットいじめについてのお話を聞かせていただきました。
子ども達はこれから大きくなるにつれ、ゲームやスマホなどで、外の世界とのつながりが増えてきます。私たち大人も含めて、これからしっかりと考えていかねばならない問題だと思います。