11月8日の金曜日、やまのべホールで天理市小学校音楽会が行われました。天理市内の9つの小学校の4年生が集まる毎年の行事です。柳本小学校は6番目の出場でした。4番目の山の辺小学校の演奏が終わると、舞台裏に行くように指示があり、全員席を立ちました。舞台裏で待っている間、5番目出場の櫟本小学校の演奏が聞こえてきます。出場を待つ子ども達の間には緊張感が漂い、ジャンプしたり、身体をゆすったり、それぞれの方法でリラックスしようとしていました。
舞台からの演奏の音が消えました。さあ、本番!
全員、黙って舞台へ向かいます。曲目は、「オーラリー」「幸せになあれ」「始まりの歌」
森本先生の腕が振り下ろされると、リコーダー奏が始まりました。広い舞台の上から客席に向かって、きれいな音色が響きます。続いて「幸せになあれ」の合唱で、心にしみる歌声を聞かせてくれました。最後の合奏曲「始まりの歌」では、全員の心が一つになっていたように思います。
2学期になってからずっと練習を続けてきた4年生の皆さん、お疲れ様でした。そして、美しい音色を聞かせてくれて、ありがとうございました。