5年生が、柳本幼稚園の年長・年中さんと一緒に稲刈りをしました。
6月に田植えを行ってから4ヶ月。どれだけ大きくなったか、楽しみにして、杉田さんの田んぼに向かって歩きました。
植えた苗は、杉田さんが田んぼのお世話をしてくださっていたおかげで、しっかりとした金色の稲穂に生長していました。
初めに、杉田さんが、説明をして下さいました。2株の稲から採れるお米が、おちゃわん1杯分のごはんになることとか、1粒のお米を植えると、2000粒のお米になることなどを教えていただきました。
その後、幼稚園の子どもたちと小学生が1つのチームになって、声を掛け合い順番に稲刈りをしました。そして刈り取った稲を最後の1束まで、子どもたちは、丁寧に脱穀機に入れていました。
11月には、このお米をいただいて、みんなで収穫祭を予定しています。楽しみです。