南桧垣町環境保全活動組織の皆様にご協力いただいて、2年生がサツマイモの苗植え体験をさせていただきました。
畑は、ボランティアの方々が事前に耕し、畝を作ってくださっていました。
学校から南桧垣の畑まで歩いた子どもたちは、ボランティアの方のお話を聞いた後、畝に苗を植えていきました。
いただいた苗は一人5本。子どもたちは恐る恐る苗を持ち、ゆっくりと植えていきます。中には、苗をしっかりと立てている子もいました。そうしたくなる気持ち、分からなくはないですね。もちろん、ボランティアの方に“修正”されていました。
「大きくなあれ」と気持ちを込めて植えれば、それがおイモさんに伝わるんだよと教えられた子どもたちは、「大きくなあれ」と声をかけながら植えていました。
サツマイモの収穫は、10月上旬の予定だそうです。それまでの間、ボランティアの方々が、苗に水をやり、雑草が生えないように、また、土が乾かないように黒色のビニールシートをかぶせてくださいます。
 
いっぱいお世話をしていただくことになります。ありがとうございます。