6年生になると、毎年音楽の時間に、和楽器に親しむ時間を設けています。

「日本民謡 三津博会」の皆さんに来ていただき、民謡の唄披露の後、三味線と尺八の体験

をさせていただきました。

最初、子どもたちは尺八の音がなかなか出ず、四苦八苦していました。

でも、しばらく練習すると「鳴った!」「鳴った!」と喜ぶ児童も出て来ました。

さすがです。

三津博会の皆様、貴重な体験機会をいただきありがとうございました。