2年生は、国語の時間に「おおきくなあれ」の詩を学習しています。

全員で、列ごとに、ペアでと色々な形態で音読をしています。早口にならないように、

字づら読みにならないように、自分なりのイメージを浮かべるなど、気を付けながら

様々な読み方で取り組んでいます。

音読をすることで、子どもたちは、自分なりのイメージを膨らませ、音声表現が豊かに

なり「読み」が広がっていきます。