5年生の教室を覗いてみると、子どもたちは、『俳句』作りに取り組んでいました。

1句は秋をテーマにしたもの、残り3句は自由課題です。

五・七・五の短い文字数の中で、自分たちの経験や自然の美しさを表現します。

どのような言葉を使えばよいか、今何音なのか。指を折りながら、真剣に言葉を選んで

悩んでいる姿は、微笑ましくもありました。