先週から4週間にわたり、教育実習として本校卒業生を1人受け入れています。

教育実習とは、教員になるために必要な教員免許を取得するために義務付けられている

科目です。この期間中は大学を離れ、実際の教育現場で児童を対象に「先生」としての

業務を体験実習するものです。指導教官の下で、自分で授業を計画・立案し、児童の前

で授業を行います。今年は、3年生で実習をしてもらっています。

今日は、1時間目に算数の「大きい数のしくみ」の授業をしました。