お抹茶をたてました

 2年生が1月19日に生活科室に赤い毛氈を敷いたお茶席を設けて体験学習をしました。

『お点前をたてる、お運びをする、お客さんになる、』3つの役割に分かれて、体験をしました。

 茶碗に茶杓でお茶を入れて、お湯を入れて茶せんで点てます。茶せんの動かし方と力のいれ具合がとても難しそうでした。

 お運びのときは、こ帛紗に茶碗をのせて上手に運びました。

 お客さんは、お菓子とお茶をいただきました。お菓子やお茶を運んでもらったときには、膝の前で三角をつくって上手にお礼ができました。

 年に1回の体験ですが、1年生の時に比べて、子どもたちは、正座をしたときのお辞儀の仕方がとても上手になりました。これからは、和室のご挨拶の時に使ってみましょう。