12月7日(木)に、奈良県瓦センターの工場を見学させてもらいました。

子どもたちにとって瓦工場=単に瓦を作る所という認識でしかありませんでした。

そこに至るまでの技術や努力、細かいこだわりまでは考えていなかったようです。

最初に、奈良県瓦センターの紹介DVDを見せていただきました。

想像していたよりも遥かに歴史がある工場に、早速子どもたちの驚く姿が見られました。

見学では、素となる土や作り上げた瓦、焼く為の釜戸、焼き上がった瓦など、様々な工程を見せてもらいました。

機械で量産される瓦に興味をもち、手作りされている瓦には、巧みな技術に感嘆の声が溢れていました。

実際に見る鬼瓦の大きさや、細かく丁寧に手作りをされている様子や、見事に仕上げる姿を見せていただくことができました。

最後の質疑応答では、子どもたちから積極的にたくさんの質問が出て、意欲の高さがうかがえました。

短い時間ではありましたが、子どもたちにとって、中身の濃い充実した見学になっていることを願います。

何よりも、身近なこの場所に、こんなにも伝統と歴史が詰まった工場があることを大切にしてほしいと思います。

素敵なお土産もいただいたので、早速子どもたちと共に楽しく制作をしたいと思います。

奈良県瓦センター株式会社の皆さん、本当にありがとうございました。