学校が再開して1か月。

朝からの健康観察表の提出やマスクの着用、ソーシャルディスタンスなど、

子どもたちは、今までに経験したことのない学校生活を過ごしてきました。

がんばってきた「こころ」や「からだ」が、この夏休み中に変わることがあるかもしれません。

そのような時には「がんばっていたものね」と言葉をかけ、「何か心配なことや困っていることがあるの?」と

訊ねてみてください。おうちの方に話すことで、落ち着くお子さんもいます。

お話の中で気にかかることがありましたら、保健室へもお知らせください。

ご一緒に考えていきたいと思っています。

ほけんだより7月号 [1506KB docxファイル]