今の暮らしは、さまざまなストレス反応が誰に起こっても不思議ではありません。子どもたちとともに大人の方でもです。子どもたちをケアしてくださる大人の方たちが、まずご自身の状態をキャッチしてご自身の心のケアにつとめ、その上で子どもたちのフォローをお願いします。下記に掲載した資料は、おととし本校にいらした松浦校長先生がアメリカから「柳本の子どもたちのためにも・・・」とお知らせくださったものです。週刊NYからの掲載記事もあります。

子どもの心のケアを・・・.pdf [460KB pdfファイル]