天理市立柳本小学校 校長   杉田 美恵   

 

                     ごあいさつ

     

このたびの人事異動によりまして、本校校長を命ぜられ、過日着任いたしました。杉田美恵と申します。コロナウイルス感染症予防対策のため、ご挨拶が遅れ ましたことをお詫び申し上げます。2月28日に、突然、「最後の登校日」を言い渡され、心の準備もできないまま、やりきれない気持ちを無理やり飲み込むしかなかった子どもたちの姿はあまりに切なく、「世の中、いつ何が起こるかわからない」ことを改めて実感いたしました。だからこそ、今、目の前にいる子どもたちが大人になる時代を想像すると、今以上に想定外の社会で生き抜く力をつけることこそが学校での学びの目的ではないかと思いました。特に、今年度は新型コロナウイルス予防対策に影響される1年だと覚悟しています。前例のない判断が多々求められてくると思います。そこで下した判断が正しいかどうか、すぐに答えはでませんが、大切なことは、状況をしっかり把握した上で、子どもを真ん中に、子どもの健康・安全を第一に、今できる最善の方法を考え、ぶれない覚悟を持って実行していくことだと思っています。確かに、例年できたことができなくなることも多々あると思いますが、「なくなってしまう」という発想ではなく、本校では、新たな視点で今、子どもたちのためにできることを一つ一つ積み上げていくという発想で取り組んでまいります。
こういうときだからこそ、なおさらプラスの発想を大切に学校運営に取り組んでいきたいと思っています。
さて、今年度から、本校は、『コミュニティ・スクール』としてスタートを切ります。スローガンは、『かかわりを通して 高め合う 魅力ある学校』です。
このかかわりには、様々なものがあります。子ども同士・子どもと先生・学校と家庭・学校と地域・学校と関係諸機関・小学校と中学校・幼稚園・保育所(園)等・・・。そういう様々なかかわりを通して、お互いを認め,高め合える学校にしていきたいと思います。
何事にも教職員一同「チーム柳本」で全力でかかわり、笑顔いっぱい、元気いっぱいの学校をつくっていきます。
今後、保護者や地域の皆様にも、様々なお願いすることがあると思いますが、ご理解ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 【柳本小学校の教育目標】

「自分の夢を持ち、未来に向かって前進する 知・徳・体の調和のとれた児童の育成」

めざす子どもの姿・・・やなぎっ子

   ○やる気を出す子

   ○なかまを大切にする子

   ○元気な子

  努力点

   ○確かな学力の育成

   ○豊かな心の育成

   ○健やかな身体の育成

   ○「みそあじ」運動の推進