6月30日(火)に「天理市かんきょうクリーンセンター」と「豊井じょう水場」の見学に行きました。

かんきょうクリーンセンターの見学

 「天理市かんきょうクリーンセンター」では、ゴミ処理の仕組みや分別のしかたなどをじっさいの様子を見ながら学びました。

 

 ごみピットでは、クレーンでごみを持ち上げる様子を、食い入るように見学していました。

   

 この日は、ごみの多い日で、パッカー車が次々とプラットホームにきて、ごみピットにごみを落としていきます。クレーンでごみをつかむ重さが1トンと聞いておどろきました。また、天理市のパッカー車だけでなく、山添村のパッカー車もきていて、カラフルなのにおどろきました。

 中央制御室も見学して、モニター画面で、炉の様子、煙突の様子、灰ピットの様子を見ることができました。

 

 燃えないごみを砕く施設、空き缶をつぶす施設なども見学しました。

 

 かんきょうクリーンセンターでは、環境のことも考えてごみ処理をしていて、リサイクルもすすめようとがんばっているのがよくわかりました。

豊井じょう水場の見学 

「豊井じょう水場」では、飲み水になっていく様子を見学しました。

 ダムからきた水に、薬を入れたり、混ぜたりする様子に、とてもきょう味しんしんでした。

  

 着水井、混和池、沈殿池、濾過池と順番に見学して、水がきれいになっていく様子を目の当たりにしました。

 なにげなく使っている水道水もこのようにきれいになっていくのだと、よくわかりました。

 

 健康なくらしをささえるために、かんきょうクリーンセンターやじょう水場でどんなことをしているのかをしっかり学べました。また、ゴミ処理や水をつくる様子を実際に見学して、はたらいている人の様子も学びました。