2月19日(金)六年生を送る会を行いました。例年は、体育館に全校児童が集まって行っていましたが、今年はコロナ感染症予防のため、ビデオ放送で行いました。一年生は縦割りグループでお世話になっている六年生にメッセージカードを書きました。また感謝の思いを替え歌にしてプレゼントしました。ビデオを見ながら口ずさんでいた一年生ですが、「六年生が卒業したら、甘えられなくなる・・・」と、寂しそうな姿がありました。二年生は、「炎~そつぎょう」と題して歌のプレゼントと体育館で感謝の人文字を作りました。「また会おうね」の人文字に、六年生からは「すご~い」と感動の声が上がっていました。三年生は六年生へ事前にアンケート調査を行い、ランキング形式で発表しました。「担任の先生を動物にたとえると?」というアンケートのランキングで両クラスとも大爆笑をしていました。ちなみに「トラ・ライオン・ハリネズミ」と「やぎ・アルパカ・ひつじ」でした。四年生は、ありがとうメッセージと合わせてサプライズを企画しました。六年生の教室まで、ネコ足でこっそり駆けつけ、「メッセージカードを送ります。どうぞ~」のかけ声にあわせ、6年生の教室に飛び込みました。テレビに見入っていた六年生は、突然の四年生の登場にとても驚いていました。五年生も六年生に対する感謝の言葉とあとを引き継ぐ決意を込めてメッセージを送りました。そして六年生からは、在校生に対するお礼のメッセージと在校生へのプレゼントを作成している動画を配信しました。最後にカウントダウンが始まり、5・4・3・2・1・0(ゼロ)の合図で、今度は六年生が各教室に飛び込み、サプライズ登場。これぞ、サプライズ返し!四年生と企画がかぶってしまいましたが、お互いに事前に知らされてなかったので、後で大笑いしていました。とても心のこもった六年生を送る会でしたね。