3学期の図書室まつりは、2月4日から3月1日までの間でスタンプラリーを

しました。また、低学年のかるた大会を13日に、高学年の百人一首・かるた大会

を15日にしました。

 

 低学年のかるた大会の様子です。

参加した児童は、6つのテーブルに分かれました。それぞれにテーブルにいる図書

委員が読み手となって、読み札を読みます。それを聞いて、低学年の子どもたちが

取り札を取りました。なかなか取れないときは、図書委員の子が取り札のある場所の

ヒントをあげていて、和やかな雰囲気でした。。

 

 

 高学年の百人一首・かるた大会の様子です。

百人一首大会では、図書委員の児童が上の句から詠んでいきました。

参加した児童は二人組になって、向かい合って下の句を取りました。

百人一首をした経験が少ない児童もいて、最初は戸惑っていましたが、

だんだんと下の句を少し聞いただけで、取れる児童も増えていきました。

百人一首の楽しさを感じてくれるといいなと思います。

 百人一首が難しいと感じる子どもたちは、かるた大会をしていました。