41人 from 中国、江蘇省

奈良県観光課の中国との交流事業で、江蘇省から来た41人の小学生と

交流会を行いました。今年は本校6年生と交流をすることになったのです。

またと無い機会に、6年生もとても喜んでいました。

早速、半日をどのように過ごすかの相談、学級会。

当日を迎えるまでに開会のセレモニーから、交流の内容、閉会に至るまで、どんなことをすれば楽しんでもらえるか、1から何度も話し合い、1つ1つ決めていきました。
グループ交流では、6つのブースを作り、回ってもらいました。日本伝統文化のこまやけん玉、あやとり、折り紙などを楽しんでもらいました。
言葉の壁はありましたが、活動を通して一緒に楽しむ姿がたくさん見られるようになりました。
最後に、しおりのプレゼント。「再見」と書いたり、日本的なイラストを入れたり、心を込めて作ったものでした。使ってくれているでしょうか。

半日は、あっという間にすぎてしまったように感じました。

日本語と中国語では意志の疎通が難しい。でも、英語なら

互いに理解出来るとことがありました。英語の必要性を

感じさせられた時間でもありました。

本校6年生にとっても、楽しく、貴重な半日となりました。