6月26日(水)~28日(金)の間、英語の絵本・紙芝居の読み聞かせをしました。

3日間とも、図書室にはたくさんの子どもたちが集まっていました。

 

                 

  26日(図書室祭り1日目)は、吉田先生とマリッサ先生が絵本の読み聞かせをしました。

  吉田先生が読んでくれた絵本では、絵本の中におおかみのぬいぐるみが出てきて、

みんなおおかみの動きにくぎづけでした。

  マリッサ先生が読んでくれた絵本では、動物の鳴き声がたくさん出てきました。

子どもたちは、鳴き声を聞いて何の動物か当てていました。

 

                 

 


   27日、28日(図書室祭り2日目、3日目)は、図書委員の子どもたちが、

紙芝居をしました。図書委員の子どもたちは、何度も紙芝居を読む練習をしていました。

練習の成果もあって、本番はゆっくりとしたスピードで、また大きな声で読んでいて、

聞いているみんなにお話の内容がよく伝わっていました。

 紙芝居をした子どもたちからは、ふり返りで「きんちょうしたけど、大きな声で読めた。」

「1年生が喜んでくれて、良かった。」,「たくさん人が来てくれて嬉しかった。」

といった感想が出ていました。図書委員の子どもたちにとって、とても良い経験になりました。

  また、 図書室まつりに参加した子どもたちからは、「いいお話やったな。」

「また聞きたい。」といった感想が聞かれました。