平成30年度天理市立山の辺小学校 「学校教育目標」について

                                                                   
本年度の山の辺小学校学校教育目標を紹介します。

Ⅰ 学校教育目標
   規律ある学校生活をおくる中で、健康な体・確かな知性と豊かな心を培い、自ら考え共に学びあう人間性豊かな児童を育成する。 

2.めざす子ども像

   ○自尊感情に満ち、夢に向かってがんばる子
   ○優しさ、勇気をもち、仲間を大切にする子
 
  3.めざす教員の姿
   ~情熱・努力・責任・信頼~
     ○教育的愛情に満ち、活動的な教師
   ○たえず学び続ける教師
   ○教育者としての自覚をもち、子ども・保護者に信頼される教師
 

4.基本方針

 確かな学力の定着

  ○基礎的・基本的な学習内容の定着

  ○一人一人を高める授業づくり

  ○個に応じた指導の充実

  ○コミュニケーション能力の育成

  ○読書活動の推進

  楽しい学校・学級づくり

  ○児童一人一人の「よさ」や可能性をのばす

  ○自尊感情の育成

  ○規範意識の高揚

  ○認め合い支え合う集団づくり

  ○成就感を味わえる活動の充実

  健康と生命を大切にする児童の育成

  ○基本的生活習慣の確立

  ○健康教育の充実

  ○体力の向上

  ○食育の推進

  ○生徒指導による集団づくり

  家庭・地域と共にある学校づくり

  ○地域の自然、文化、人材を生かした豊かな体験活動

  ○地域と共に進める特色ある教育活動の推進

 

5.特色ある教育活動の推進      
      ○読書活動の推進
         ①読書タイム(5時間目開始前の10分間)
         ②ボランティアによる読み聞かせ(毎月2回 全学級で実施)
         ③図書室の環境整備と図書室まつりの開催(年2回)
      ○山の辺オリンピック・・運動分野での検定として、一輪車や学級で縄跳び等を競う取組
      ○山の辺漢字検定・・毎月2回
      ○毎朝15分間の「学習タイム」及び放課後や夏期休業中の学力補充
      ○自由参観日
      ○ふれあい祭り(ふれあい体験教室)
      ○地域パートナーシップ事業
      ○保幼小中連携の充実