校長   吉 岡 昌 則 

 本校は昭和41年4つの学校が統合してできた学校です。2016年に創立50周年を迎えました。その名は、太古の時代に校区を通っていた山の辺の道にちなんで名付けられました。 校区は、大変広く、東部山間からバスで通学する子もいますし、遠く3キロメ-トルの距離を歩いて登校する子もいます。校区には天理教の本部やそれに関係する建物が多く目立ちます。南には石上神宮があり、北には名阪国道が通っています。学校の近くには天理よろづ相談所病院「いこいの家」があります。この病院の中に本校の院内学級を開設しています。

 

 従来から進めている、地域の良さを学校教育に生かした「開かれた学校」づくりをさらに進めると共に、 

 さらに本年度は、

   「ありがとう!」・・・周りの人への感謝の心

   「ごめんなさい!」・・自分の間違いや失敗を素直に認める心

   「いいよ!」・・・・・相手の思いを受け入れる心

 この「三つの心」を育てるための教育活動も推進していきたいと考えています。