12月23日(月)2学期 終業式

 校長先生からは、大学入試改革のニュースから、高校卒業後の進路のお話がありました。大学の推薦入試を得られる人、就職が早く決まる人は、高校3年間意欲をもって努力を積み重ねている人だそうです。一生懸命取り組んだ人はきちんと結果が出る、努力は報われるというお話でした。

 式の後は表彰伝達、そして生徒指導のお話がありました。石田先生からは、竹の写真を提示しながら「節目」について考えようという内容です。節目節目で自分を振り返ることが大切である、今日は1年間を振り返って、自分の行動を見直してみよう、というお話しでした。

 そして最後に、先生方からの歌のプレゼントがありました。今年お送りしたのは「マリーゴールド」「ガッツだぜ」の2曲、楽しめましたか?

 2学期は今日でおしまい、良いお年をお迎えください! 

 

12月15日(日) わたしの主張inてんり

 今日は市文化センターで「青少年を守り育てる市民の集い」が開催され、その中で「わたしの主張inてんり」主張大会がありました。本校からは1年の沖倉伊吹君が代表として出場しました。「思いやりをもって」というタイトルで、現在日本で働いている外国人の方への思い・考えを、はっきりとした口調で堂々と発表してくれました。その結果、見事「市長賞」に輝きました。社会をしっかりと見つめる感性の大切さを実感しました。

 

12月12日(木) 門松づくり

 今年も剣道部のメンバーが門松づくりをしてくれました。大倉先生の指導の下、竹を切り、土を入れ、松や南天を飾り、立派な門松に仕上げてくれました。良い新年を迎えられそうです。

 

 

12月12日(木) 税の作文表彰式

 2年2組の井上桃花さんが、税の作文で「奈良納税貯蓄組合連合会会長賞」に輝き、今日表彰式がありました。素晴らしい賞を頂き、本当によかったですね。

 

 12月11日(水) 天理警察より感謝状

 本校の生徒が天理警察から感謝状を頂きました。1か月ほど前ですが市内のお店で起こった万引きの犯人を、お店の人と協力して捕まえたそうです。「怪しいな」と思った後の素早い行動が犯人逮捕につながったと、警察の方からお褒めの言葉を頂きました。人に役立つことができて、本当に素晴らしいですね。

 

12月8日(日) 奈良マラソン

 12月9日に「奈良マラソン」が開催されました。今年も吹奏楽部が応援演奏をしました。また陸上部が今回初めて給水ボランティアとして参加しました。 

 陸上部はおそろいのウインドブレーカーに身を包み、ランナーに声援を送りながら役目をしっかり果たしました。

 

 吹奏楽部は11時15分ごろから演奏しました。寒い屋外でしたが、長い距離を走るランナーの方々にがんばってもらおうと演奏し、また声援を送ったり手を振ったりしっかり応援することができました。

 

 そして11時25分頃、少し疲れ気味の石田先生が走ってきました。しかし、吹奏楽部の前まで来ると、みんなから元気をもらい、はつらつとした走りでゴールへと向かっていきました。また応援の横断幕も石田先生のパワーとなったでしょう。ちなみにゴールしたタイムは「4時間8分」(自己ベスト)だったそうです。

 走っている人、演奏している人、役割に取り組んでいる人、応援している人、それぞれが充実した時間を過ごすことができたと思います。

  

12月5日(木) 1年認知症サポーター養成講座

 12月5日に1年生を対象に認知症サポーター養成講座を行いました。地域の包括センターに依頼し、実際に認知症に苦しんでいた方を講師としてお招きいたしました。

 これから、少子高齢化がよりいっそう進んでいくなか、高齢者の方とともにどのように過ごしていくのか考えるきっかけになったと思います。

 寒い体育館で2時間という長い時間でしたが、みな集中して聞いており、1年生の成長を感じる講座でもあったと思います。