3月19日(木)卒業式

 暖かく雲一つない青空の日になりました。本日、令和元年度の卒業式を挙行いたしました。3月に入って臨時休業となった関係上、全体での練習をすることなく、今日という日を迎えました。卒業生と保護者2名と教職員だけの規模を縮小した形でマスクをしたままの式となりましたが、会場にいる誰もが最高の卒業式にしたいという思いで始まりました。担任から名前を呼ばれ、一人一人が6年間の思いを込めた「はい」という返事をして、卒業証書を受け取りました。別れの言葉も家庭学習の中で練習していたのか、心のこもったものでした。例年、涙ぐむ卒業生も多いのですが、今日は、久々に友達や先生に会えた喜びの方が大きいのか、本日の天気のように明るく温かな雰囲気の中、笑顔の卒業式となりました。卒業生のみなさん、本当におめでとう。