2月5日(水)関西電力出前授業【6年】

 関西電力の協力により、発電の仕組みについての出前授業がありました。様々な資料や実験用キットを用意していただき、子どもたちは手回し発電機で作った電気を使って発泡スチロールを切ったりする体験をしながら、発電した電気が光、動力、熱、音などに変わることを学びました。次に、鍋から出る蒸気を使ってタービンを回して発電する火力発電や水の高低差を使って行う揚水発電の仕組みを学びました。子どもたちは、目に見えない電気ですが、実験を通して見える形にして学ぶことができたと思います