1月16日(木)租税教室

 社会科で政治単元を学ぶ6年生が租税教室を行いました。市の収税課の方にゲストティーチャーとして来ていただき、税金とはどのようなものがあるのか説明していただき、みんなで税金でできているものを出し合いました。最後にもし税金がない社会について映像で学習しました。警察に行って捜し物を依頼してもお金を請求されるし、火事がおきて消防車を呼ぶと消火費用を請求されるものでした。子供たちは、改めて税の大切さを学びました。最後に1億円(偽)が入ったジュラルミンケースを持たせてもらい、その重さを体感しました。