1月14日(火)避難訓練(地震)

 1.17の阪神・淡路大震災の日を前に、業間休みを使って避難訓練を行いました。これまでの訓練では、教員の誘導のもとに学級毎に避難してきましたが、今回は、休み時間中の設定で、各自で避難する訓練でした。運動場、中庭、体育館、教室、廊下と様々な場所で緊急地震速報の放送を聞き、その場で落下物がないことを確認して、体を低くし、頭を守る体制をとりました。その後、揺れが収まった後、運動場の指定の場所に各自で避難してきました。そして、阪神・淡路大震災での被害のお話を聞き、火災など地震の際に気をつけないといけないことや自分の命を自分で守らなければならないことを学びました。