10月10日(木)奈良県統計・情報教育研究大会

 令和元年度奈良県統計・情報教育研究大会が本校を会場に開催しました。県内から約60名、本校職員合わせて約85名の参加を得て、公開授業や実践発表が行われました。本校の3年2組が授業を公開しました。家の買い物調べの結果をクラス全体のグラフ資料にして、そこから買い物の動向を読み取り、その理由を予想する授業でした。子ども達はグループで読み取った内容をしっかり発表していました。また、実践報告では、生駒市と生駒郡の先生の実践報告がありました。さらに、天理市内の各学校での統計資料を使った作品を廊下に掲示し、大会にご協力いただきました。皆さんのご協力で無事に大会を終えることができました。