9月20日(金)ボッチャ体験

 今日は、奈良県人権擁護委員さん主催の5,6年生対象のボッチャをとおした人権教室が本校の体育館で行われました。パラリンピックの競技の一つでもあるボッチャ(イタリア語のボールという意味)は、目標となる白い玉に赤、青の二チームに分かれ、それぞれのボールを転がして白い玉に近い方が得点が入る競技です。2校時目が5年生、3校時目が6年生が体験しました。1回目は立ったまま行い、2回目は車椅子に乗って体験しました。目線がかわり、自分の思い通りに位置につくことができず、ボールを転がすことにも困難さを感じた子が多かったです。しかし、誰もが楽しめるスポーツであることも体験して学びました。パラリンピック大会への興味・関心が高まった取組でした。