9月17日(火)手話講座(4年)

 今日から3日間、天理市社会福祉課の協力により、4年生対象の手話講座が開催されます。1日目の今日は、聴覚障害の方と社会福祉課の手話通訳の方2名が来校され、外見では分からないが、耳が聞こえないとはどういうこと?というテーマで、実際に耳が不自由な家族の生活をビデオを見て学びました。後ろから話しかけられたり、車にクラクションを鳴らされたりしても気付かないことや、インターホンが音ではなく光るようになっているとか、テレビを字幕入りで見ているとか、いつも筆談できるようにメモ帳を持ち歩いている。といった内容を見つけることができました。いよいよ明日からは、手話を教わります。