全校平和登校日(8月6日)

 本校では、毎年8月6日のヒロシマへの原爆投下の日にあわせて全校登校日を設定しています。連日の猛暑日で心配していたのですが、たくさんの子ども達が登校してくれました。1年生は絵本「へいわってすてきだね」、2年生は絵本「すみれ島」、3,4年生はビデオ「おこり地蔵」を使って戦争や原爆について考える機会を作りました。そして、5,6年生は、終戦当時10才だった大山徹真元校長先生から、柳本飛行場の話を中心に戦争当時の天理の様子について聞かせていただき、戦争が沖縄の地上戦、広島や長崎の原爆、都市の大空襲だけなく、国民生活全体が戦争に巻き込まれていったことを学びました。8月6日は、意義有る1日になったと思います。