7月12日(金)着衣水泳

 本校では、水泳指導のプログラムの中に、着衣水泳が全学年位置づけられています。低・中・高と指導内容が異なりますが、基本的なねらいは、衣服を身に付けたまま水の中に入ると、体の自由が奪われ、自由に泳げないことを体験から学ぶことです。そして、水の事故の防止につなげることです。バディを組んで、軽く押してもらって水にはまった状態から、おぼれた際に岸までたどり着く方法やペットボトルなどを使いラッコ浮きをして体を浮いた状態を保持する方法、陸上からおぼれた子を助けたりする方法を学びます。しかし、実際には水の事故はあってはならないことです。