月26日(金)体育館の掃除

6年生が体育館の大掃除をしました。

日頃より縦割り掃除では、みんなをリードしてきれいな学校作りを心がけてくれています。

6年間の感謝の気持ちを込めて、卒業式の会場でもある体育館をきれいに仕上げてくれました。

放課後には、職員で体育館のワックスがけをしました。

いい卒業式ができるよう、これからしっかり準備をしていきたいです。

  

2月25日(木)6年生を送る会

感染症対策で全校集会ができない中、児童会を中心に工夫して6年生を送る会を行いました。

最初に放送で開会の言葉や説明がありました。

そのあと、6年生が小グループになって1~5年生の各教室を回りました。ゲームやクイズ、お化け屋敷や劇など、それぞれの学級で考えた出し物を披露しながら、感謝の言葉を伝えていました。

最後に再び放送で、新児童会が全校を代表して6年生に感謝の気持ちを伝え、6年生がお礼の言葉を言いました。

会が終わってから、1年生は6年生全員にプレゼントを手渡しました。

これまでとは異なる方法での実施でしたが、6年生にとって思い出に残る行事となりました。

     

2月24日(水)ミニ分団会

新しい分団長が決まったので、下校会前に運動場でミニ分団会を開きました。新しい並び方を確かめ、今日からその並び方で帰ります。

6年生がいなくなっても、きちんと安全な登下校ができるよう、みんなで協力して取り組んでほしいです。

 

2月22日(月)昔の道具(3年)

金曜日に続き、3年2組が洗濯板を使って洗濯をする体験学習を行いました。この日はよい天気で、まさに洗濯日和の暖かい日でした。

洗濯板は使い方にこつが必要でしたが、慣れない手つきながら、きれいに洗濯できていました。

  

2月19日(金)

・飛沫防止ガード

天理市の小中学校では、新型コロナウイルス感染症予防対策のため、給食を食べるとき、飛沫防止ガードを使用することになりました。

ガードにゴムを通すなど、準備は少したいへんでしたが、友だちと協力して行うことができていました。

これまで同様、手洗いやマスクの着用もしっかり行い、友だちや家族のため、感染症予防をしっかり行っていきたいです。

  

・むかしの道具(3年)

3年1組が社会科の学習で、洗濯板を使って洗濯をする体験学習を行いました。

家から靴下を持ってきて洗濯をしましたが、どの子も熱心に取り組んでいました。

今日のような寒い日でも、昔の人はこうして日々の仕事を行っていたことに気づいてくれたことだと思います。

  

2月17日(水)パソコンの活用(3年)

3年生は、国語科で学校の自慢できるところを紹介する学習を行っています。今日は、一人に一台用意されているパソコンを使って、資料にする写真を校内で撮る活動を行いました。

小型のブック型パソコンなので、折りたたんで直接写真を撮ることができます。

移動時の破損を防ぐため、ソフトケースに入れて移動しました。

落とさないように歩く子どもたちの様子から、緊張感が伝わってきました。

  

2月16日(火)

・なわとび大会

体育委員会主催のなわとび大会が中休みにありました。

事前にエントリーした子たちが、自分で選んだ跳び方で1分間に何回跳べるかにチャレンジします。

ハヤブサ跳びに挑戦したり前跳びを168回も跳んだりなど、楽しいながらも一生懸命取り組む姿が見られました。

なわとび大会は明日も行われます。どんな記録が出るか楽しみです。

 

・学校運営協議会

地域や学校関係の方々で構成された委員のみなさんが集まり、学校の取組に対する評価と次年度教育ビジョンの承認を行いました。

協議会の進め方についても貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。

 

2月10日(水)

・糸紡ぎ体験(1年)

国語で学習した「たぬきの糸車」に出てくる糸車を使って、綿から糸を紡ぐ体験をしました。

ゲストティーチャーにお招きした方は、以前に夜間中学校でお勤めされていて、韓国の人から綿の種を譲り受け育てたことがきっかけで、糸紡ぎを始めたそうです。

最初にみんなで「たぬきの糸車」のお話を読み、ゲストティーチャーの方に聞いてもらいました。

木でできた機械を使って綿から種を取り除き、綿と糸をつまんで糸車を回すと、綿が糸になっていきます。

とても不思議な作業で、子どもたちは手ほどきを受けながら、熱心に取り組んでいました。

 

・お楽しみ給食

6年生が考えた献立が出てくるお楽しみ給食を食べました。

今日まで6年生以外の学年には献立が秘密にされていました。からあげやわかめご飯にケーキまで付いていて、献立がわかった時、嬉しそうな顔をした子がとても多かったです。6年生もたいへん嬉しそうでした。

 

・図書委員会の発表

下校会で図書委員会が10月より取り組んでいたスタンプラリーの結果を発表しました。

およそ4ヶ月かけて取り組まれ、本を1冊読むたびに押してもらったスタンプが、最も多い子で138もありました。

上位10名の子たちが、図書委員会から表彰されました。

 

2月9日(火)電気の話(6年)

関西電力グループの方をゲストティーチャーにお迎えし、電気について学習しました。電気の使われ方や発電のしくみについて教えてもらったあと、手回し発電機で作った電気を使ってみたり、節電のしくみをプログラミングで作ったりしました。

様々な実験道具を用意していただき、とても楽しく学ぶことができました。

  

2月4日(木)リズム縄跳び

最後のリズム縄跳びを行いました。今年度できた数少ない全校での取組の一つでしたが、みんなで楽しく取り組めました。

ぜひ休み時間や家でも引き続き、コロナに負けない体作りに取り組んでほしいです。

  

2月3日(水)

1/28に出前授業で来ていただいた民生児童委員さんに、6年生が御礼の手紙を届けました。放課後に主任児童委員さんのお宅を6年生の代表3名が訪問し、直接お渡しすることができました。

後輩たちのために、来年度もよろしくお願いします。

 

2月2日(火)新入生体験入学

・新入生体験入学

来年度入学する園児さんたちが小学校に来ました。今年度は感染症対策で給食は食べてもらえませんでしたが、校舎内を見学したり小学校の授業体験をしたりしました。終わりを告げると、「もう帰るの」と残念がってくれた子もいました。

2ヶ月後、元気に入学してきてくれることを楽しみにしています。

  

・社会科「毛皮革の仕事」(4年)

9月まで本校に勤務していた方が毛皮革産業の盛んな地域にお住まいなので、ゲストティーチャーのお迎えし、毛皮革産業についてお話を伺いました。

実際に毛皮を持ってきていただき、触ったり着たりさせていただきました。

新型コロナウイルスの影響で原材料が入ってこなかったり動物愛護の風潮で販売不振があったりなど、地域の産業を守っていくことのたいへんさも教えていただきました。