1月18日(月)避難訓練

中休みに地震を想定した避難訓練を行いました。

休み時間ではありましたが、2分半あまりで運動場に集まることができました。

26年前の1995年1月17日におきた阪神・淡路大震災では、多くの方が被災しました。

こうした訓練を通して、まずは自分自身が被災しないよう心がけること、それが一人でも多くの被災者を助けることに繋がることを話しました。

過去の災害を風化させることなく、しっかり語り継いでいくことで、子どもたちの未来をしっかりつないでいきたいです。

 

 1月15日(金)

・書き初め(4年)4年生の書写は、今年の書き初めということで、長半紙を使って「美しい山」を書きました。

四等分の折り目をつけ、一文字書いては、長半紙を動かし、丁寧に仕上げました。

みんな静かに緊張感を持って取り組めていました。

 

・代表委員会

中学年以上の学級代表と委員会の長が集まり、代表委員会を開きました。

前もって学級や委員会で話し合っていたため、ブランコの乗り方などいろいろな意見が出され、活発に議論をしました。

学校に対しては、時計のない部屋で分団会を行っている分団から、時計をつけてほしいとの要望がありました。

ぜひ前向きに考えたいです。

 

 1月14日(木)薬物乱用防止教室(6年)

学期はじめなので「そうじタイム」の時間をとりました。掃除道具の確認をしたり、役割分担をしたりしました。1年生に掃除の仕方を確認をする6年生の姿が印象的でした。

 

奈良県薬剤師会の方に来ていただき、6年生が「薬物乱用防止教室」の授業を受けました。

子どもたちにはまだまだ実感のわかない事柄ではありますが、芸能人やスポーツ選手のニュースでよく耳にしているのか、内容をしっかり理解できたようです。

心配事や悩みを相談できる家族や友だちの大切さも学ぶことができた授業でした。

 

 1月12日(火)全校なかま集会

朝から雪が積もったので、どの学年も運動場やなかよし広場で、雪だるまを作ったり雪合戦をしたりしながら、めったにない雪遊びの経験を楽しみました。

 

3学期の全校なかま集会は、各学年の代表が人権作文をテレビ放送で発表しました。

友だちのことや家族のこと、人権学習や平和学習で学んだことなど、日々の生活の中で感動したことをしっかり綴り、堂々と発表することができていました。

生活を綴る学習は、自分や友だちの生活や学びを見つめる機会として、これからも大切にしていきたいです。

 

1月8日(金)

5・6年生が6時間目に委員会活動を行いました。常時活動の確認のほか、15日の代表委員会で提案することがないかを話し合いました。

今年度は新型コロナウイルスの影響で集会活動などが行えず、せめて3学期に何かできないものかと、どの委員会も活発に意見を出していました。

学校を少しでも楽しい場にしようと考えてくれる高学年の姿は、とても頼もしかったです。

   

 

1月7日(木)始業式

新しい年、そして、新学期がスタートしました。3学期も放送での始業式となり、テレビ放送で歌の歌詞を映しながら、校歌と「とべ未来へ」を流しました。

生徒指導部からは、丑年にちなんで、新型コロナウイルス感染症対策の標語を紹介しました。

年が明けても感染状況は未だ厳しい状況が続いていますが、しっかり気持ちを引き締め、感染予防に努めていきたいです。