8月31日(月)

6年生が図工で学校内の風景を描く写生を行っていました。手前に草花や帽子を描くなどして、遠近感を工夫していました。本来なら外で写生を行うところですが、短縮授業の影響や暑さ対策などでもあって、描きたい場所を写真に撮り、教室でそれを見て絵を描いていました。例年とは違う取組の必要性がこんなところにも見られました。

 

 

8月27日(木)

3日間の個人懇談会、ありがとうございました。お聞かせいただいたことをもとに、2学期も子どもたちの学びを高めていけるよう、保護者の皆様と連携していきたいと考えています。

本日は曇りがちだったこともあり、熱中症指数も「運動中止」までいかなかったので、運動場での体育を行うことができました。1年生がかけっこの練習をしていましたが、暑さ対策として、待機場所を日陰にあるミストシャワーの下にして、走るときだけ運動場に出ていました。運動場いっぱいを思いっきり走り回るのは、もう少し涼しくなるのを待たなければならないようです。

 

 

8月24日(月)

本日より26日(水)まで個人懇談会を行います。例年とは異なり遅い時期での実施です。コロナ禍を過ごした子どもたちについて、学校や家庭での様子を伝え合えればと思います。

連日の猛暑が続き、特に登下校が心配ですが、日傘やネッククーラーを使用するなど熱中症対策を講じる子たちが増えてきました。学校でもミスト扇風機を設置したり暑さ指数を表示したりしています。子どもたちが安全に過ごせるようご家庭でも対策をよろしくお願いします。

  

 

8月20日(木)登下校について(6年)

10日と20日は「あいさつ運動」です。地域の方に校門で子どもたちを出迎えていただきました。1学期よりも大きな声であいさつをすろ子どもたちが増えた気がしました。

6年生が、登下校時に気をつけた方がいいことを話し合う授業を行いました。道路を横断する時に待っていただいている自動車に対して、早く横断することも大切ですが、感謝の気持ちを持つことが何より大事であることに子どもたちは気づいたようでした。

地域の方々の支えあっての学校であることを、これからも子どもたちと学んでいきたいです。

  

 

8月17日(月)始業式

2学期が始まりました。猛暑ともいえる暑さでしたが、子どもたちは元気に登校し、夏休みの工作を持ってくる子や広く使えるようになった運動場で元気に遊ぶ子などが見られました。

トイレの全面改装工事が継続中で、しばらくは体育館のトイレと仮設トイレを使用することになります。新型コロナウイルス感染症や熱中症の対策など、考えなければいけないことが多い中ですが、友だち同士で助け合い協力して生活できるようにしてほしいです。