10月14日の給食で、南中校区の萱生町がふるさとの「刀根柿」をいただきました。

 今年も南中校区の飯田さんから天理市の萱生町が発祥の地である「刀根柿」を学校給食用に分けていただきました。

生産者である飯田さんに直接給食室へ納品いただき、ツヤツヤとしていてとても美味しそうな柿でした。

100個以上の柿を調理員さんにむいていただき4分の1へ切って生徒のもとへ。

今日の献立なに?と配膳表を見て話す生徒の中には「刀根柿」を読めない人もいたのですが、

今日の給食で知るきっかけになったと思います。「今日の柿とても甘かったな。」と話す生徒もおり、

給食に分けていただいたおかげで味と名前が印象に残ったと思います。

 

今年もご協力ありがとうございました。