浴衣着方教室

 7月8日(水)、2年生で浴衣着方教室を行いました。森本呉服店さんや着物協会の奈良支部から講師として8名の方にお越しいただきました。各クラス、浴衣の歴史や部位の名称についての説明を聞いた後、実際に1人1枚浴衣を手にし、着付けの仕方を教えていただきました。子どもたちは裾の長さの調節や帯の結び方に苦戦しながらも、講師の方の説明を必死に聞いて頑張っていました。男子も女子もそれぞれの着付けの仕方を学び、きれいに着られました。浴衣姿はとても夏らしく、涼しげで素敵でした。子どもたちからも「楽しかった」「着付けの仕方を覚えて、また自分で着てみたい」などの声も聞くことができ、日本の文化に触れるいい経験になったと思います。講師として来てくださった方々、本当にありがとうございました。