御所浦へ 民泊体験へ 

水俣港から御所浦港へは「海上タクシー」に分乗しての移動でした。それぞれの船に12名。船に乗り込み、ライフジャケットをつけて、いざ出発。

船は小さい船で、事故の無いよう心配したのですが、天候が良かったこともあり、子どもたち一様に楽しんでいたようで、「帰りもこの船乗れるの?」という生徒もいたようでした。御所浦まで楽しい時間を過ごすことができました。

御所浦港につくと民泊入村式です。 

 小山君の生徒代表挨拶はとてもユニークで、民泊への意気込みをよく表していて印象的でした。

 

オーナー代表の歓迎の挨拶を受け、いよいよ民泊先の方との対面です。そして、それぞれのお宅の迎えの車に乗って行きました。

今日はどんな夜を過ごしたのでしょうか。楽しみです。

御所浦の海を望む夕景です。