10月27・28日の修学旅行で大阪・兵庫方面に行きました。平和学習では、「戦争が生んだものは何か」をテーマに、真田山陸軍墓地や大阪城、ピース大阪で戦争の爪痕を辿りながらグループのなかまと考えを巡らせる姿が見られました。語り部の伊賀さんの講話では「勉強してください」と何度も繰り返された言葉を聴いて、ふりかえりでこれからの学習に対する姿勢について書いている子どもたちが多くいました。震災記念館では、野島断層を見たり、揺れの体験をしたりして、地震の起き方や恐ろしさを知ることができました。2日目のネスタリゾート神戸では、1日目とは一転、笑顔でたくさんのアクティビティに挑戦して、すてきな思い出をつくることができました。