新しい時代へ向かって・・・

「CEFR(セファール)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。外国語におけるコミュニケーション能力を測るため、欧米で広く活用されている「ものさし」です。最近では、大学入試の英語でこの「ものさし」が使われることが決まり、日本でも注目を集めています。 レベルは A1、A2 、B1、B2、C1、最高レベルのC2に分けられています。本日、2年生が受検した「GTEC(CORE)」で690点以上をとれば、大学入試では、CEFRのA2(英検では準2級に相当)として認定されます。ゆくゆくは、英語のテストは全て検定に代替されるとも言われています。

 何はともあれ、生徒たちには、自分の今の実力を客観的に把握して、新しい時代に向かって、次なる歩みを進めてほしいと思います。