高円宮杯全日本中学校英語弁論大会 奈良県中学校英語スピーチ・レシテーションコンテスト 

 グローバル化により、ヒト・モノ・カネ・情報が国家や地域に関係なく世界中を移動するようになりました。2020年には、東京五輪があり、世界中の人々が東京を中心に日本中を行き交うことになります。
 そんな時代を生き抜くためには、子どもたちは、はっきりとした自分の考えををもち、相手に確実に伝える力が必要になってきます。世界の人とコミュニケーションをとるときには、英語は有効なツールの1つになります。
 奈良県英語スピーチコンテスト・レシテーションコンテストに出場した2名の福中生。日本語でも難しいスピーチを、大聴衆の前で、英語を使って堂々と発表してくれました。
 私は、このいろんなことに挑戦する生徒のチャレンジ精神を誇りに思います。