「やれば出来る」・・・

 2018年度に入って6ヶ月目に入りました。本年度は、学力向上のため、先生方は「主体的・対話的な深い学び」を研究テーマに先生方は意欲的に取り組んでいます。また、体力向上では、小中での連携や部活動の充実を中心に進めてまいりました。ここにきて、福中生の普段の頑張りが、あちらこちらで実を結び始めています。

 全国学力状況調査も全国平均を大きく上回りました。卓球部では、天理市民体育大会(個人)で2位、3位に食い込みました。陸上の奈良県学年別大会では、200㍍で県3位に入賞、先日の第40回「少年の主張」奈良県大会では、3267人の応募中、3年生2人が努力賞入賞、最終選考の奈良県大会に3年生と2年生の2人が出場するという頑張りを見せてくれました。大会でも最優秀賞は逃しましたが、次点の優秀賞受賞という快挙も成し遂げてくれました。21人という小さな集団ですが、日々コツコツと頑張っていることが結果として表れてきて、福中生の心の中に、やれば出来るという「自信」が少しずつ育ってきているように感じます。

 二学期始業式でもお話したように、「やれば出来る」は魔法の言葉です。これからも、いろんなことにもっともっと挑戦して「自信」をつけ、福中生として「誇り」をもってほしいと思います。

 「やれば出来る!」福中生の活躍が、これからも楽しみです。I'm proud of Fukuchusei !