スカイプ学習

 近年、国内需要の低迷や新興国の活性化により、海外に目を向ける企業が急増しています。企業にとっては、海外の人と対等に渡り合える、いわゆるグローバル人材の確保が急務となり、留学経験者や青年海外協力隊の採用が急増しているそうです。また、学校現場でもグローバル人材の育成は、喫緊の課題となっています。「グローバルな人とはどんな人か?」と一言で言うことは難しいですが、私は、「日本の良さを理解したうえで、日本人と違うものの見方や考え方を理解することができる人」のことだと考えています。 

 福住中学校では各学年ともフィリピンとスカイプで繋ぎ、生徒たちが学習したい文法テキストに沿って、英語学習を展開しています。今年度は、生徒個人個人に回線をつなぎ、マンツーマンで学習できる環境を整えました。異文化圏であるフィリピンの英語教師とコミュニケーションをとることで、語学力やコミュニケーション能力はもとより国際感覚が磨かれていくことを期待しています。