気づく・・・ 

 生徒を見守る玄関の花。毎月季節の花に変わっています。これは、はつらつ応援隊の方が、毎月お見えになってそっと交換して下さっているのですが、生徒たちは、どう感じているのでしょうか・・・。「今日は、花が変わったな」とか「誰が置いたのだろう?」という気づきをもって過ごしてくれているのだろうか・・・。この花の前を通る度に、いつも気になります。何かの機会に、この花のことを生徒たちに話したいと思いながら、なかなか機会を見いだせないまま時が流れています。
 校長室の机上にも、毎日、校庭に咲いている花をアレンジして飾ってくださいます。週初めは、始まりを表す真っ白な花。ある時は、虹色を集めて小さな瓶に差してありました。本日は、花の金曜日。バラ色でした。小さな小さな変化ですが、花を置いた人の気持ちに触れることができ、今日も頑張ろうという意欲が涌いてきます。
 中間試験前。日々、様々なことに追われる毎日ですが、生徒たちには、いろんなことに気づける余裕をもって過ごして欲しいです。