小中連携代表者会議開催!

 本日、小中連携代表者会議が開催されました。小中の代表の先生方が、本年度どの様な連携をするか意見を交わしました。昨年度は、①「小学校と中学校の子どもたちの情報交換」、②「外国語のスキル向上」、③「情報処理に関するスキル向上」の3つについて、9年間で子どもたちを育てるためのカリキュラムを作成し、完成しました。今年から本格的にこのカリキュラムに従って取り組みを指導します。また、本年度は、新たに「小中で連携して福住の子どもたちの体力向上」に取り組むことも決まりました。
 福住地区の育てたい子ども像は「元気で、いきいきと輝くこども」。これからも、福住っ子たちが、日々達成感で満たされ、いきいきと輝きつづけることができる学校(園)づくりを、園小中が同じ方向を向いて推進していきます。