皆さんのご協力で、体育祭が無事に終わりました。  こども園のみなさん、とても良かったです。1日最後までよく頑張りました。一緒にいるだけで心が和みました。  小学校の皆さん、練習大変だったでしょう。特に6年生のリーダーが考え、振り返り、修正してまた取り組むという練習を重ねていたのを知っていました。 本番、素晴らしかった。パプリカみんな歌ってました。  中学校のみなさん、自分たちで考えて取り組んだダンス良かった。完成形を見ることができてうれしいです。努力が実を結びましたね。各係の仕事もよくやりました。  消防団みなさん、保護者のみなさん、地域のみなさん、集中して競技されているのを見て感動しました。また、マナーも素晴らしかったです。  さて、私たちは、「同じ時間、同じ場所、そして同じ体験をしました。感じるものはそれぞれ違うかもしれないですが、とても大切なものを共有できたのではないでしょうか。」 園、小、中、保護者、地域の方々のつながり、つまり、世代間のつながりと横のつながり。  これは、絆・・・ですよね。  これこそが、私たちが大切にしているもの。かけがえのないものだと改めて強く感じました。  応援も自然と応援していました。目の前であれだけ頑張っているんですもん。  大きな声で、「がんばれー」とか「もうちょっと」とか  私個人は、卒業生に声をかけてもらって幸せな時間を過ごさせていただきました。うれしかったです。  最後に、体育祭の運営にご尽力いただいた皆さんに感謝をお伝えさせていただきます。ありがとうございました。