これぞ「チーム福住」!

 1月19日(土)、朝学校へ行くと陸上部の先生が部活の練習の準備をしています。本日、卓球部は休養日でしたが、いつもは、コーチと顧問の先生が体育館で準備をしています。職員室に目を移すと、3年生の担任が入試の願書提出書類を作成していました。しばらくすると、今西コーチがお見えになり車から荷物を取り出し、福住陸上クラブの準備に入ります。そうこうしているうちに、本校の陸上部生徒が、準備に加わり練習が始まります。中学生の練習が始まって少しすると、今度は福住クラブの子どもたちが、保護者と一緒に続々と訪れます。やまだこども園の園児から福住小学校の児童10数名が、駐車場のあたりに集まり、子どもたちの元気な声が溢れ始めると、一気に学校が目覚め、どくどくと脈を打ち始めます。この時を待っていたかのように、学校が、いきいきと輝き始めます。

 部活動を指導する教員やコーチ、福住クラブを指導する地域のボランティアの皆さん(今西コーチ、NPO法人の方々)、中学校の生徒、福住陸上クラブの子どもたち、送り迎えをしてくださる保護者の皆さんや地域の皆さん。福住には、地域総がかりで福住の子どもをはぐくんでいる素晴らしい環境があります。「チーム福住の強み、ここにあり!」を実感したある土曜日の朝でした。

 追伸 4月に開けた「校長室の窓」も50回になりました。福住中学校が、今どこに向かって進んでいるのか、どんなことに困っているのか等、子どもたちの様子を中心に少しでもご理解いただけたらと思い、駄文を綴って参りました。今年度50回ぐらいを目標にしておりましたが、何とか達成することが出来ました。今後も不定期ですが、気づいたことを、つれづれなるままに綴らせていただきます。お暇なときに、是非お立ち寄りください。